住宅資金

つぼい工務店では、専属のファイナンシャルプランナーがお客様の住宅取得に伴う資産運用の手助けをします。 住宅を取得する際には、建築費用や購入費用以外にさまざまな税金がかかります。また住宅を取得するときだけでなく、住宅ローンを利用するときや、住宅を取得した後に継続的にかかる税金もあります。

消費税

商品の売買やサービスの提供等に対して課税されますので、住宅を建築したり、購入したりする価格や不動産業者の仲介により住宅を購入した際に支払う仲介手数料に対しては、消費税が課税されることになります。ただし、土地については、消費税は非課税とされていますので、住宅を購入する場合には、建物の価格に対して課税されることになります

印紙税

商品の売買やサービスの提供等に対して課税されますので、住宅を建築したり、購入したりする価格や不動産業者の仲介により住宅を購入した際に支払う仲介手数料に対しては、消費税が課税されることになります。ただし、土地については、消費税は非課税とされていますので、住宅を購入する場合には、建物の価格に対して課税されることになります

登録免許税

住宅を取得した場合には、その権利関係を明らかにするために、所有権の保存登記や移転登記を行います。また、住宅ローンを利用する場合は、その担保として抵当権を設定します。これらの登記申請のために、登録免許税がかかります。所有権の保存登記や移転登記の際の登録免許税は、住宅の取得価格に対してではなく、その建物や土地の固定資産評価額に対して課税され、抵当権の設定登記の登録免許税は、債権金額(住宅ローン借入額)に対して課税されます。

不動産取得税

住宅を取得(増改築含む)した場合には、その建物や土地の固定資産評価額に対して不動産取得税がかかります。増改築の場合には、その増改築により増加した固定資産評価額に対して課税されます。不動産取得税における住宅の取得とは、登記の有無を問わず所有権を取得することをいい、その取得の原因が売買、交換、贈与、建築等のいずれの場合であっても課税されますが、相続による取得については課税されません。

固定資産税・都市計画税

固定資産税及び都市計画税は、毎年1月1日現在、住宅を所有している場合に課税されます。1月1日現在の住宅の所有者に対して課税されることから、年の途中で住宅を取得した場合は、その翌年から課税されます。

贈与税

親などから土地や建物などの不動産を、なんら対価を払わずに無償で取得した場合に、贈与された人に対して贈与税が課税されます。

相続税

相続によって住宅や土地などを取得する場合に課税されます。

所得税

所得税は所得を得た場合に課税される税金ですが、所得にはさまざまあって10くらいの種類に分かれています。その中で住宅や土地の売却とか、取得(建設・購入)に関わる所得に譲渡所得、給与所得などがあります。

譲渡所得は土地や建物を売ったときに生ずる所得のこと。その売却益に対して(譲渡)所得税と住民税がかかります。また住宅ローンを利用してマイホームを取得した場合、給与所得などに課税された所得税に対して控除が適用(住宅借入金等特別控除)されます。
※上記税金には軽減税率・特例措置が適用される場合があります。