esctoの家づくり

住宅の新築、リフォームを考え始めたあなたはまず何をすべきで、どんな流れで家づくりを進めていきますか?

多くの住宅会社ではその会社のルールに沿った道しるべを示してくれます。決まった素材の中から色の選択肢を与えてくれます。また時期によっては早く契約することで値引きをしてくれることもあるようです。 型にはまった家に自分の生活をはめ込むことがはたして本当の家づくりといえるでしょうか。

家づくりの流れに答えはありません。

私たちの家づくりは、家の話はもちろん、家族の話、趣味の話、お金の話など多くの話をするところから始めます。その後の打合せにも時間をかけます。悩んでいるようなら納得いくまで何度でも一緒にショールームに足を運びます。そんな中でお客様にとって最善のプロセスを見つけ出し大事にしていくこと、そしてお客様の想いを形に変えていくことが本当の家づくりだと考えています。

家の仕事に大きい小さいは関係ありません。どんな仕事でも快く引き受けさせていただく、そんな工務店であり続けたいと思っています。

escoto by つぼい工務店

長期優良住宅

『長期優良住宅』をご存知ですか?

『長期優良住宅』とは、耐震性や耐久性能、省エネルギー性など7つの項目で一定の性能を求められている住宅です。escotoでは「いい家をつくって きちんと手入れをして 長く大切に住まう」をコンセプトとする政府が普及促進している長持ちする住宅に積極的に取り組んでいます。

『長期優良住宅』には様々なメリットや特徴があります。それらを理解し、新しい住宅を考える際には『長期優良住宅』を検討してみてはいかがでしょうか。

詳しくはこちらをご覧ください。

省令準耐火構造の住宅は火災保険料が安くなります!

escotoがオススメしている省令準耐火構造の住宅とは準耐火構造に準ずる防火性能を持つ構造として、住宅金融支援機構が定める基準に適合する住宅をいいます。

通常の木造住宅の構造をアレンジすることで、防火性能が大幅に高まるため、火災保険料を約半分にすることも可能です。

さらにescotoでは柱やはりなどを露出する仕様の住宅の施工も可能です。木のぬくもりを感じることのできる住宅で火災保険を節約しませんか?

詳しくはこちらをご覧ください。