お知らせ

2015.07.17 Fri

  • 送る
    LINEで送る

「省令準耐火構造」で 火災保険料を節約

通常の木造住宅の構造をアレンジすることで、防火性能が大幅に高まるため、火災保険料を約半分にすることも可能です。

 

◆省令準耐火構造とは?

escotoがオススメしている「省令準耐火構造」の住宅とは準耐火構造に準ずる防火性能を持つ構造として、住宅金融支援機構が定める基準に適合する住宅をいいます。
省令準耐火構造は、3つのポイントに基づいた構造を基本としています。1つ目は隣家からのもらい火による火災に備える「延焼防止」、2つ目は火災を最小限に食い止める「各室防火」、そして3つ目は火が住居全体に広がりにくくする「延焼遅延」です。 (詳細は図をご参照ください。)

pop_syorei

図:一般社団法人全国工務店協会(JBN)のウェブサイトより

 

◆柱や梁の四面あらわしが可能

私たちが加盟登録している全国工務店協会(JBN)の仕様は、住宅金融支援機構が定める基準に準拠した「省令準耐火構造として住宅金融支援機構が承認した住宅または工法」です。JBNの仕様の特長として、柱や梁を露出させる四面あらわしが可能となるため、ご希望に応じて天井が高く、開放的なデザイン性の高い住宅が実現します。

 

◆施工事例

img05

長期優良住宅&省令準耐火構造の家
→詳しくはこちら